上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾・台北の通訳
   ※励みになりますので、クリック×2 お願い致します

澳門に到着して、どこに行こうかと煙草を吸いながら話し合っていると、
後ろから誰か近づいてくる気配がしたので、3人は後ろを振り返った!!

おっさん 『タクシー乗る??ここからセナド広場まで10分行けるよ!』
と日本語で話しかけてきた。
最初、また胡散臭いおっさんが出てきたなぁ~と思ってあまり相手にしていなかったのだが、
かなりしつこい!ずっとタクシーに乗ってくれと迫ってくる。
そうこうするうちに、別のタクシー運転手もこちらに気付いて勧誘しに来ようとしていたので、
これ以上来られると面倒だったので、このおっさんのタクシーに乗ることに決めた(・へ・)
ゆ~すけ『わかったわかった!セナド広場までいくら??』
おっさん  『一人50HK$』
思ったより高くないので承諾して、3人分まとめて払うことにした。
ゆ~すけ『じゃあ、150HK$ね!』
おっさん  『谢谢,じゃあ行くよ。タクシーこちだよ、みんな来て』

そしてタクシーのとこに行くと、自転車を改造した3人乗りの乗り物があった!?
F氏   『タクシーちゃうやん!チャリやんこれ』
K君    『3人も乗れるの??』
おっさん『だいじょぶ、だいじょぶ。』
と言って乗るように促すので、乗ってみた(^^)
まぁ乗り心地は悪くないけど、10分で着けないことは確信した(-_-;)だってチャリだもん。。。
そして、3人を乗せたタクシー(?)は公道に出て走り始めた。
20070130025934.jpg
※写真右はK君、青いポロシャツを着ているのがおっさん

正直今は渋滞で車も停まっているからよかったが、動き出したらど~すんねん??
クラクション鳴らされて嫌な思いするの嫌やでと思っていたところ、おっさんはそれを
理解してか、左側の側道に移動し始めた。
『よしっ、よしっ。偉いで~ちゃんとわかってるやん』
そして、少し進むと景色がだい~ぶ変わってきた。中心部に近づいてきた証拠である♪
初めに目に飛び込んできたのが竜宮城のような建物である!
20070131002519.jpg
※ホテルかカジノかどちらかではないかと思うが、実際はど~なんだろう?
    今度行った時に、解明したいと思います(ーー;)

澳門と言えばカジノ、カジノと言えば澳門と言われるぐらい有名なカジノが入った建物です。
夜に撮ったらネオンとかでもっと綺麗なんだけどなぁ~(・へ・)
でも、これでも十分綺麗さや豪華さは分かってもらえるかな??(-"-)
20070131002528.jpg  20070131002546.jpg
※写真ではわからないが、建物の入口付近は観光客でいっぱいである。
    昼間からみんなカジノでっか?仕事せぇ~よ(-_-メ)

この辺りでようやくおっさんがガイドを始めだした。
おっさん  『右側の建物は、女いぱいいる。お兄さん達、女好きか?』
F氏      『ダイレクトに聞いてくるなぁ~、まぁ、でも好きやで。』
おっさん 『じゃあ、観光した後あの建物行くといい。』
F氏      『・・・・・・・』
おっさん  『あれはニューリスボア!右側がオールドリスボア』
ゆ~すけ『すげぇ~建物やなぁ(゜o゜) 日本であんな建物ないで』
K君   『ホンマやなぁ~すげぇ超高層やなぁ』
おっさん  『ニューリスボア出来ると、オールドリスボア壊す。OK??』
ゆ~すけ『OK、OK』
20070131002605.jpg
※右端に少し写っているのがリスボア
※で、真ん中の建設中の建物が、ニューリスボアである

ニューリスボアは間近で見ると、凄い高さと大きさに圧倒されること間違いなし。
また、足場が竹って言うのも中国らしい(一棟建てるのに何人の人が転落死するんだろう?)
足場が竹っていうのは、別に澳門だけではない。
香港ももちろん竹足場である。
もちろん、中国大陸も同じ(#^.^#)

ニューリスボアの余韻に浸っていると、タクシーのスピードが落ちてきた。
『あれ?どうしたんだろう?』と思うと、
おっさんがバテだしてきたのである(-_-メ)やっぱり。
2人用であろうタクシーに3人も乗せて、欲張るからである。
それに軽い坂もいくつかあり、そこでかなり体力を消耗したみたいだっ。
『ぜぇ~ぜぇ~』っとしんどそうな声も聞こえてくる。
セナド広場まではまだ少しあるが、ほぼ中心地まで来たのでここで降りることにした。
おっさんへの情けももちろんあった。!(^^)!

おっさん  『ありがと、みなさん。じゃあ、これから楽しんでいてね』
と言い、おっさんは来た道を戻り始めた。
ゆ~すけ『飯なに食います?』
F氏   『飲茶系食おうや!せっかく澳門きてんのに』
ゆ~すけ『あっ!それいいですね♪』
K君       『でも、この辺無いみたいやから、セナド広場まで行ってみよや』
K君の意見を取り入れて、地球の歩き方を見ながら目的地のセナド広場を目指した。
歩いて5、6分でセナド広場に到着した。
20070131012923.jpg
※街の中心・セナド広場に到着

飯食うとこがないかキョロキョロ見回すと、左側に中華料理屋をはっけ~んヽ(^o^)丿
ゆ~すけ『Fさん、ここでいいっすか?』
F氏   『おう、ええよ、入ろや。』
お店に入ると、中は縦に長い空間でゆ~すけ達はレジに一番近い4人掛けのテーブルに
座った。
テーブルに座ったはいいが、テーブルが少し汚れていた。
一応拭いてはいるみたいだが、食べカスがいくらか残っていた。
ゆ~すけは、中国だからしょうがないと思っていたのだが、F氏はご立腹である。
F氏      『めちゃくちゃ汚いやん。ちゃんと拭けや~』
とブツブツ言っている、もちろん日本語で。
ゆ~すけ 『Fさん、中国ですから日本並みのサービス求めたらダメですよ。
       もう、しょうがないっすよ~』
K君    『Fさん、これ使って下さい』
そう言うと、K君はF氏にウェットティッシュを渡した。
F氏    『おっ!気が利くなぁ~センキュー♪』
テーブルが綺麗になったので、メニューをペラペラと見るが、
何書いてあるかわからない(-_-メ)
しかも、簡体字ではなく繁体字で書いてあるので尚更わからなかった。
簡体字なら、ちょっとはわかるのに~(-_-;)クソー
で、何とかどういう料理かわかる料理だけ頼むことにした。

頼んだ料理は、お粥海老のワンタンスープである。
お粥は3人それぞれ、具が違うものを頼んだ。
ゆ~すけは肉団子が入っているお粥を頼んだ(^・^)
それが、これで~す♪おいしそうでしょ??
20070131013800.jpg
海老とワンタンスープの写真は、なぜか撮ってなかった(-_-;)
恐らく、お粥がおいし過ぎて写真を撮ることを忘れていたんだろう。。。

お腹もいっぱいになったり、次は世界遺産の『聖ポール天主堂跡』を見に行くことになった。
さぁ、あとはお勘定するだけである。
ここでゆ~すけとF氏はある事に気付いた!
今回の旅行でK君が全然現地の人と全然会話をしていないのである。
そこで、K君に『お勘定してください』って言わせて、現地の人と会話をさせようと考えたのである。
K君    『でも、俺、何て言ったらいいかわからんのに・・・・』
ゆ~すけ 『大丈夫、俺が教えたげるから』
K君    『何て言うんお勘定って?』
ゆ~すけ 『买单(mǎidān)结账(jiézhàng)って言えば大丈夫』
そして、、、
K君    『买单(mǎidān)
服务员   『ちょっと待ってくださいね~、計算しますんで』
ゆ~すけ 『Kちゃん、ヤッタなぁ~(#^.^#)』
K君    『へへへ』
F氏    『じゃあ、あと支払いも頼んだで~ガハハハハ』
K君    『・・・・・・・((+_+))』

こうして、中華料理屋を後にして次なる目的地『聖ポール天主堂跡』に3人は向かったのである。

 ⇒『聖ポール天主堂跡』へ続く


スポンサーサイト

[PR] 台湾・台北の通訳
   ※励みになりますので、クリック×2 お願い致します
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。